映画を無理矢理みせられる

実家に帰省したおりに、母親と父親が激しくすすめてくれる映画を2本みました。

(だってわざわざレンタルビデオ屋さんから借りてきてくれたんですよ~)



「初恋のきた道」

「英雄HERO」



両方中国映画です。



結果は…



すすめられて良かったな、と思いました。

すごく良かったです。

人がすごく勧める映画は期待が大きすぎると、そんなに楽しめないこともあるので大体いつも半信半疑なんですがこれはよかったです。



amazonで買っちゃおうかな~



特に「初恋のきた道」!

中国の田舎が舞台の素朴な純愛のお話しです。

父親の死で帰省した息子が母親から二人のなれそめを聞くというストーリーです。 なんていうか、こんな風に人を好きになるってあるんだろうかと思いました。 めちゃくちゃありきたりな感想ですがよかったです。



主演のチャン・ツィイーもとっても素晴らしかったんですが、特筆すべきはやはり無駄のない演出と脚本!極限まで必要な要素にしぼった映像は技巧を感じさせないシンプルさで心臓にガツンときました。何もかも忘れて映画の素晴らしさに酔うことができ、久しぶりに良い映画をみたという気がします。



そういえばチャン・ツィイーは先日来日してましたね。 うちの親は「この子がすごく可愛いねん。もうたまらんわ」とほぼおっかけ状態です。どうやら「英雄」はこの子みたさに借りた模様。 (そうでもないか、監督か。いずれにしろどちらにもかなりの心酔ぶりです。)

私のすすめで見始めた韓国ドラマ「チャングムの誓い」では敵役のキョン・ミリさんに夢中だし…この親にしてこの子ありか…



「英雄HERO」は始皇帝暗殺のお話し。

こっちは割とおもしろいなーという感想でした。

様式美ですな。エンターテイメントなんですけど、私は一度見ればいいです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。