The shape of water 現代のおとぎ話

Category映画
 4
昨日一生懸命書いた記事が消えちゃって大ショック…
もう、あっさりといきます。

20180405171934ab9.jpg 

交流のあるブロガーさんがシェイプ・オブ・ウォーターにご興味があるそうなのでネタバレしない程度にご紹介💦

言葉の話せないヒロイン、イライザが清掃員を勤める研究所に未知の生物が運び込まれてきました。それはアマゾンで捕獲されたフィッシュマン(半魚人)、イライザとフィッシュマンが交流を深める中で様々な出来事に巻き込まれていく、というお話です。

201804051713026a4.jpg  

半魚人なんですが、その造形はとても美しいです。

201804051713036c4.jpg 

イライザは劇場の二階に間借りしていて、半円の窓があります。
その窓に雨が打ち付ける様子がとても心に残りました。
雨だれが窓を斜めに伝うのをずっとみていたい。
どのシーンもとても練られていて美しく印象的でした。
あの舞台装置をよく見たくて////ついついアートブックを買ってしまいました😅

2018040517130550b.jpg 

くだんのフィッシュマン。
モンスターではなくアスリートのような美しさを追求したそうです。とても素晴らしい造形です。機能的で理にかなったプロポーション。雄弁な瞳。怖いですが美しいクリーチャーでした。


去年の夏以来ずっと聞いていたカーズクロスロードの赤いサントラからシェイプ・オブ・ウォーターの深い青にチェンジ!
最近分かったのですが、映画のブルーレイって買ってもあまり見ないんですよね。
私は絵を描いたり何かしながら映画のサントラをきくほうがその世界に浸れていいような気がします。

水の中に沈み込んでいくような湿って暖かいメロディ。懐かしい映画音楽へのリスペクトのつまったサントラです。

美しいだけでなく、人物描写も細やかでとてもいい映画でした。
イライザとフィッシュマンに敵対する悪役ストリックランド。典型的な正しいアメリカ人(白人男性、ブロンドの妻と二人の子供がいて、素晴らしい家に住み、エイリアンは虐待し、清掃員にはセクハラをする)のように描かれていますがそれだけではない。時代の求める正しいアメリカ人であろうと必死で努力する姿は滑稽で哀れです。実際彼のしたことはひどいですが、どこか憎み切れませんでした。

興味を持たれた方は映画館でご覧になることをおすすめします。
この時代(T大統領に振り回されるアメリカ)だからこそ、この映画がアカデミー作品賞、監督賞、音楽賞をとった意義は大きいと思います。
スポンサーサイト

4 Comments

zunko

zunko  

Re: No title

粘土天国さん💖読んでいただきありがとうございます~
半魚人さん美しいですよ~✨
車や犬、猫、虎に萌えるのは大得意なんで半魚人も安定の射程圏内です🔫Bang!
公開してもう一月経ってますから今更ネタバレもなにもないですね😅
登場人物みんな魅力的です、お楽しみください💕

浮気騒動も立派なロマンスです👍
そのままどうぞお続けになってください~🙌🙌🙌

2018/04/07 (Sat) 23:51 | REPLY |   
zunko

zunko  

Re: No title

Mikonosukeさん、読んでいただきありがとうございます!(^^)!
そうですね~口がきけない=意思の疎通ができないというところなどはリトルマーメイドのようですね~
あちらは自立しようと模索する思春期のお嬢さんで、こちらは自分の内的世界を完成させている大人の女性という感じです。
性的なつながりも含めた恋愛描写ですので年齢制限があってR15です…が何の問題もなくご覧になれますね😂
あーやっぱりロマンスはいいわ~~~💖

いえいえ、Mikonosukeさんには暗黒の兵隊さんストーリーを完成させていただかなくては💦
消えた日本人フィギュアを探せ!ぜひとも見つけてあげてください(^ε^)-☆Chu!!

2018/04/07 (Sat) 23:46 | REPLY |   

粘土天国  

No title

こんにちは!
うわ〜素敵な記事ありがとうございます。
シネコンの上映は終わっていてしょんぼりだったのですが、単館系の映画館でまだ上映中だったので行けそうです^^
アートブック買われたのですね。半魚人さんの造形美しい〜
個人的に「悪役ストリックランド」氏も興味あるんですよ。
もう、あちこちでネタバレ記事は読んでしまってますけど(笑)楽しみです。

私も・・・やっぱ「浮気騒動」よりロマンス描かないとだめかしら〜(笑)

2018/04/07 (Sat) 16:40 | REPLY |   

Mikonosuke〜!  

No title

zunko様〜〜!

記事 ありがとうございます〜〜! とても興味を持っていたので 実は ネットで イロイロ読んでいて、 主人公が 口がきけない… というので 「 リトルマーメイド 」 を 思い出しておりましたよ〜〜。 彼女は 彼と出会うことで ある意味 「 自分の故郷 」 を もう一度見つけたのかな…って。( あくまで 想像の域なのですが…… )
よく聞く話ですが 自分と 考え方が似ていたり、育った環境や 価値観が 似ていると すんなりと 恋愛もうまくいく…。 姿が 違っていても 何か共通のモノが 見つかったのかな…なんて コトを 考えてました〜〜。 ( ああ、 なんてロマンチックなんだ…… ヤッパリ 見てみたい〜〜 )

やっぱ 「 暗黒の兵隊さんストーリー」 より ロマンスが 描けるようになりたいわ〜!

スミマセン、 おじゃましました〜〜。

2018/04/07 (Sat) 05:09 | REPLY |   

Post a comment