田中芳樹に平身低頭

この間,さんざん文句を書いた銀河英雄伝説ですが,最後に読んでから優に10年は経っているのでだんだん不安になってきて,結局読み返すことにしました.





そしたらなんと!



『薄くいれた紅茶色の頭』



なんて表現を見つけられないんです~~~

一体どこからこんな表現が刷り込まれたんだかさっぱりわかりませんが.

このように形容されていると思っていた人物(ユリアン)は



『亜麻色の髪』でした.



(亜麻色=亜麻糸の色。黄色がかった薄茶色。だそうです.

アニメで見る限りは薄くいれた紅茶色っていうよりミルクをたっぷり入れた紅茶の色でした.)





しかも困ったことに・・・・すごく面白いんです~

やばい.

時間もないのに上下段にみっちり文字の書かれた全10巻の小説を,今必死で読んでいます.

ただいま5巻の中程.



もしかしたら,これから上記のような表現が出てくるのかな~

もしかしたら,これから文がくどくなるのかな~



まだわかりませんが,これまでのところはとっても面白いです.







ごめんごめん!

私が悪かった!

私の頭が悪かったから面白さが理解できなかったんだよね,きっと.

政治の話が結構面白くて,今読むとなるほど~と思います.

昔はそういうのあんまりわかってなかったんだろうなぁ.



誰も読んでないうら寂しい日記ですが,一応文責ってもんがありますんでとりあえず,訂正とお詫びの日記を書かせていただきます.



ちなみに私のご贔屓は帝国参謀のオーベルシュタイン.



敵からも味方からも嫌われているような感じの悪い人なんですが,

非常に頭脳明晰で公平な人物です.

公平に感じ悪いのよね.

でもこういう,人情をあまり解さない事務処理能力の高い人,実は好きです.

自分が情に流される質なので,こういう人のおかげで世の中が回ってるんだよなーって感謝しきりなんです.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。