明日はいよいよ女子シングル決勝!

まーくんです。よろしく。







お姉ちゃんの風邪がうつってしまいましたが軽くすんでほっと一息。







くしゃみをした後「はうーん」と言うのがなんともいえません







あっという間に二ヶ月。二人目は何事も矢のように過ぎ去っていきます





明日はいよいよフィギュア女子シングル決勝ですね!

真央ちゃんとキムヨナの対決に注目が集まっていますが、私の目下のお目当てはカナダのジョアニー・ロシェットと鈴木明子さんです。



特にジョアニー・ロシェットの演技はすごかったです。

鬼気迫るものがありました。

バンクーバーに応援に来たお母さんが急に亡くなったそうですが、天国の母に見せるためなのでしょうか、恐ろしいほどの集中力で全身で音楽を演じきりました。

真央ちゃんやキムヨナのような難しいジャンプはもっていないようですが、とても見ごたえのあるプログラムになっていました。



鈴木明子さんは、去年初めて演技を見た時からとてもひいきにしている選手です。

滑ることを楽しんでいるのが伝わってきて、見ていて気持ちがいいです。また、ステップがとても魅力的で表現力があるように思います。

ジュニアの頃から期待されていた選手だったそうですが、大学入学後に摂食障害になり、一時スケートを中断せざるを得なかったということです。

そのせいでか、ただただ滑れる喜びが全身からあふれているように感じました。



この感じは高橋大輔にちょっと似ています。

高橋大輔もスケートをやめざるを得ないような大怪我をしていました。



だれもが到達できる境地ではないのでしょうが、この二人に限って言えば、それらの障害は決して無駄ではなかったということでしょう。



鈴木明子さんは選曲も私の好みで、ショートプログラムはリバーダンス、フリーはウェストサイドストーリー。

衣装もいつもとても素敵でセンスがいいなと思ってみています。



メダル争いに絡むのは難しいかもしれませんが、逆にリラックスして気持ちの入った演技をしてくれるのではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント