ホビットさん現る!

ようやくマントが着られるようになりました。

まだフードはぶかぶかなんですけどね。















着せてみたらなんかホビットさんというか、ドワーフさんというか…

小人みたいで一人でうけてしまいました。フライパンか斧をしょわせてみようかな~

久しぶりに指輪物語ファンの血が騒ぎます。

(でもフードをかぶってるやつは”黒の乗り手”みたい





そうそう、昨日お誕生日だったんですよ。

今年も無事年を重ねることができました。

娘のためにも健康に長生きせねば…

友達からメールをもらって嬉しい私。

ありがと~

返事を書こうと思いつつこんな日記を書いています。ごめん。



お誕生日プレゼントは壊れちゃったプリンターを買い換えてもらいました。

(しかし、それって家の備品なのでは?)



買ってくれるだけいいか。

前日にはケーキも買ってもらったし。

(でも主人が選んだケーキの方が美味しそうだった←卑しい)





娘を寝かしつけたあと、録画したのだめをみてしばしトリップしつつたまった家事を片づけました。

漫画の絵を見て原作の千秋先輩の顔に違和感を覚える私。

「あれ?こんな顔やったっけ?」

私の頭の中の先輩がもうすっかり玉木宏に取って代わられていることに衝撃を受けました。でも全然いいの~v

原作の映像化がうまくできてるってことなんでしょうね。



指輪物語は、(のだめよりずっと思い入れが強いこともあってか)特にフロド・バギンズが受け入れられなくて大変だったことを思い出しました。今でも私の頭の中のフロドは顔なしです。



それでもあの映画の中でイライジャ・ウッドは群を抜いてよかったなぁ。

あれはつまり「素材の良さをいかしてみました」ってところでしょうか。演技力も抜群だったしね。

あの映画中でのイライジャ・ウッドの魅力をたとえるなら「絞り立ての牛乳のフレッシュな味わい」(純粋でひたむき)?私がもともとのフロドに持っていたイメージは「熟成された青カビチーズ」(老成、達観、皮肉、ユーモア)なんで、ぶつかるのは、いたしかたないことだったのかもしれません。



おっと時間もないのに愚痴がでちゃったよ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント