面白い姪っ子

小学校に入学する姪っ子のために袋物を作っていたのですが、やっと体育館シューズ入れもできたので慌てて発送しました。

そしてお礼の電話がかかってきたのですが、それが面白いの!



いつもは生意気な姪っ子(頭の回転が早くて、とろい私は結構なめられています)がやたら神妙な声で「おばちゃん、ありがとうございました」と丁寧にお礼を言ってくれました。

嬉しくてこちらも丁寧な口調でお返事。

「いえいえ、どういたしまして。気に入ってくれたかな?小学校の準備は進んでいますか?」



その返答に爆笑してしまいました。



真剣な口ぶりで「(問題は)そこなんですよ」というお返事が…

一体君はいくつなんだ

小学校に上がる前の6歳の子がまるで30代のサラリーマンのように練れた発言をするものだから電話口で笑ってしまいました。姉に聞いたところ「そうなんや~。まだお名前シールの準備とかできてへんねん」とのこと。子供ながらに不安を感じているのでしょうね。面白いわぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。